ホーム>フラワーレメディ

フラワーレメディ

副作用も何もない自然でシンプルな癒しのシステム

バッチフラワーレメディとは

レメディ

今から80年程前にイギリスの医師エドワード・バッチ博士(1886年~1936年)によって完成された、副作用も何もない野生の花と草木から作ら れた自然でシンプルな感情や精神のバランスを取り戻す為の癒やしのシステムです。

レメディはその人のネガティブな感情や潜在意識の中に閉じ込めていた感情或いは記憶まで呼び起こし、それらを洗い流す働きによって自己治癒力が湧き、自分自身を解き放ち、前向きな気持ちで、ストレスや病気や困難な状態に立ち向かう強さが生まれる手助けをする力を持っています。

どんな人も自分を真剣に見つめるならばレメディは本当は誰にでも必要なものです。

日々の忙しさに紛れちょっとした気分の変化を無視していると、それがやがては身体の病となって現れます。そうなる前に精神を本来あるべき正常な状態に戻してあげることが大切です。

現在、精神レベルに目を向けた代替医療が注目されるようになってきました。ホリスティックな観点から肉体だけでなく、心や感情や精神を含めた全体像で健康と疾患を捉える考え方が導入されつつあります。

代替医療のホリスティック医学界においてもバッチ博士のフラワーレメディは異彩を放っています。身体症状を診断材料にしないで、感情や精神状態だけに着目することは他に類をみない特徴的なところです。

ストレス過剰な現代社会の中で人や動物、植物にも安心して使えるシンプルで優しい癒やしの力のあるレメディを是非知って頂き、活用して下さる方がおひとりでも増える事を願っています。

 

使い方

2014431233.jpg

38種類のレメディとその中の5つを混合した、緊急時に使うレスキューレメディというのがあります。それらのレメディを感情の状態に合わせ、いくつかを選びその方に合う独自のレメディを作っていきます。

選んだレメディの原液を2滴コップの飲み物に入れて飲んだり、直接口に垂らして飲む、あるいは30mlの遮光瓶にミネラルウォーターを入れ各レメディを2滴 づつ(レスキューは4滴)入れ希釈し(トリートメントボトルと呼ぶ)そこから1回4滴を1日に4回以上飲み、その問題(状態)が軽減するまで取っていきます。

 

オリーブ

2、3週間ごとに感情を振り返りレメディの種類を見直していきながら3、4ヶ月程続けてみて下さい。(もっと長く続ける必要のある方もいらっしゃいます。)

 

 

※バッチセンターは補完医療法の機関であるICNM(補完自然療法研究所)から2013年の最優秀補完医療企業に選ばれました。

 

 

ペットロスケアについて

トラウマを癒やし、悲しみを乗り越える力を与えるフラワーレメディ

犬

ご自分のお子さんより愛犬の方が可愛いなんて冗談まじりに話す愛犬家は数多くいらっしゃいます。

深い絆で結ばれて生活をする事十数年。それでも愛犬との別れは必ずやって来るのです。心のどこかでわかってはいても、実際に今までいたその子がいなくなってしまうとその悲しみや辛さに耐えがたいものです。

他の人には理解してもらえず、心の奥に閉じ込めて、何を見てもその子を思い出す日々。

そうしたことが原因で「不眠」や「うつ状態」「自律神経失調」等の症状が出たりと悩んでいる方々がどれほど潜在的にいらっしゃるかを考えた時、ペットロスケアの重要性はこれから増々光をあてていくべき課題であると思っています。

ボトル

その深く沈んだお気持ちに寄り添 い、お話に耳を傾けていき、一日も早く本来のその方に戻って頂くお手伝いをさせてください。

気がつけば辛い感情は洗い流されて、思い出として昇華できるポジティブなご自身に変わっていることを実感されるでしょう。心のケアにマイナス感情をプラスに変えていく素晴らしいバッチフラワーが必ずお役に立つと信じています。

 

※ボトルはイメージです。実際は遮光ビンにてお渡ししております。

コンサルテーションプラン

1クール 4回 18,000円
初回 90分 6,000円
2回目以降 60分 4,000円

 

ページ上部へ