ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

イギリスの諺(川口•出張家庭犬トレーニング)

20141031122831.jpgヨーロッパは今の日本のように
可愛いだけのペットとしての関わりとは
全く違います。
子供が生まれるから 犬を飼えない、捨てるという事をしばしば聞く日本。


犬との関わり方が進んでいるヨーロッパは、
昔から犬には仕事を与えて
生活にはなくてはならない存在でした。

だからこそ子供にとっても犬が与える影響は
どれだけプラスになるかを客観的に捉えて
諺として残しているのですね。


この諺 全くその通りだと思いませんか?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<イギリスの諺>

子供が生まれたら犬を飼いなさい。

子供が赤ん坊の時、
子供の良き守り手となるでしょう。


子供が幼年期の時、
子供の良き遊び相手となるでしょう。


子供が少年期の時、
子供の良き理解者となるでしょう。


そして子供が青年になった時、
自らの死を持って子供に
命の尊さを教えるでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


一人でも多くの
今の日本の人達に
こういう観点からの犬という存在を
理解してもらえたら嬉しいですね。

主従関係作り (川口•出張家庭犬トレーニング)

2014103092912.jpg
写真は一時預かり犬のパピヨンのサーヤです。
可愛いですよね。

こ〜んなに可愛くても......


触らず、話さず、目を見ない。

シーザー•ミランがよく言いますね。


これは犬と離れていて
会う場面の事です。
そういう場面て生活の中に
沢山ありますよね。


朝起きた時、
仕事や買い物から帰った時、
細かく言えばお風呂から出た時等々。

○○ちゃん ただいまぁ〜!って
飼い主さんから声をかけていませんか?

これを続けていると
最初はいい子だったのに...
いつの間にか主従が逆転してしまいます。
いつの間にか
吠えるようになったり
咬むようになったり。

なぜでしょう?
それは
犬の世界、狼族の習性で、
下の者から挨拶するという習性があるからです。
(撫でるのも下の者からの仕草に入ります)

なので、離れていて
愛犬に会った時、
まるで居ないかのように
無視しましょう。

買い物から帰ったら荷物とかを片付けて
お茶でも入れてから
ワンコを
"呼び寄せ"ます。

だいたい五分前後かな?!
なので、
イギリスの問題犬を扱う専門家
ジャン•フェネルは
「五分間ルール」
と言っています。

うちに来た当初
嬉ションしていた
チョコもこれで治りました。


これは知らないお宅に行って
ワンコに会う時も同じです。
まず人間同士お話ししましょう。


ドミナン犬には必ず続けましょう。

勿論、ドッグトレーナーは
トレーニングに入る前には
この態度が必要です。

そして飼い主さんにもやってもらって下さい。


やってみるとわかりますが、
ワンコがこちらの顔を
ずっと見るようになりますよ。
そして指示も待つようになります。

試してみて下さいね(^^)

一時預かりのパピヨン来る(川口•出張家庭犬トレーニング)

201410272245.jpg繁殖引退犬のさちなちゃん。
土曜日から一時預かりとして、うちに来ました。

今度は繁殖引退犬なので
8歳の女の子 チワワみたいに小さいパピヨンです。
お産のし過ぎ?で歯が殆どなく下顎も溶けかかっています。
かろうじて左下の犬歯が残る程度。


ブリーダーがつけた名前はさちなちゃん。
ちょっとよびにくいので
うちではサーヤと呼ぶことに。

さてどんな感じのコか?
昨日一日様子を見ました。
初日は 不安だったのか
ほぼストーカー状態でした。

お座りも待ても おいでも、
排泄のしつけも
何も出来てません。


初めてのお散歩は...
ピッタリ付いてアイコンタクトをしながら歩くのは上手!
息をハァハァいいながらスタスタ歩きます。

ただ室内では甘えたくて抱っこして貰いたいあまりに飛びついて来ます。

どんなに小さくても飛びつきは禁止です。これがロットワイラーだったらどうでしょう。
とかく小さいコは甘やかされがちです。
徹底して教えましょう。

要求に答えて抱っこするのではなく こちらの都合に合わせる事を学んでもらいます。

午後
ケージの扉は開けっ放しにしても 勝手に出て来なくなり、
その中から周囲の様子をうかがっています。
いい事ですね。

まずは新しい生活の様子を見てリズムを学ばせると
自分で考えるようになります。


キッチンスペースも
うちのワンズと同じく
勿論立ち入り禁止。
ストーカー状態だったのですが、一日で覚えました。


シャンプーして綺麗になりましたよ〜♪

さぁ、頑張ってルールを学んで里親さん見つけて幸せにならなくちゃね、サーヤ(^^)

犬を癒す音楽(川口•出張家庭犬トレーニング)

2014102316277.jpg
犬を癒す音楽が沢山出てるようで、
いくつか聞いてみたら
人間が聞いていても
リラックス出来るような音楽です。


落ち着かない興奮状態の時や
又 神経質でビビリなコを
ひとりでお留守番させる時などにかけておくと
効果的に使えると思います。
又、老犬や認知症犬などにもきっと良い効果をもたらしそうですね。


犬の聴覚は人間の4〜10倍鋭いとされてます。
小さい音に対しては16倍との実験結果もあるようです。

なので、ワンコには小さな音量でかけても十分だそう。


いざという時の為に、ひとつくらいはあってもイイかなと...
うちのコ達にはYou Tubeのを視聴。
まぁ、彼等はいつもリラックスモードですが...とても良さげな感じでした。


バッチフラワーシンポジウム

2014101820447.jpg
今日は年1回のバッチのシンポジウムに参加しました。


代表の林サオダさん他3人の方がそれぞれの分野でのお話をされ、とても興味深く 又 あらためてバッチフラワーの素晴らしさを感じる内容でした。

日本ではまだ5人しかいない
バッチアニマルプラクティショナーの資格を持つ清水克久さんの動物のストレスケアや犬の行動学、生理学の方面からバッチフラワーのアプローチのお話はトレーナーとしてもとても興味のあるところでした。

飼い主(環境)の関わりが犬に大きな影響を与えていることも多く、それをリセットして行く為に飼い主に話しながら犬の行動の様子を常時 観察してレメディを選んでいく等々。

清水さんは英国Natural AnimalCentreで
初のアジア人職員になった方で、
現在は日本でドッグ ホリスティックケア スペシャリストとして活動されてます。

英国に居た頃、手がつけられない為
馬房に5年間も幽閉された馬をバッチフラワーだけで蘇生させた体験を語ってくれました。

動物には感情があるという証明はされていない現在ですが、
清水さん曰く、バッチフラワーで結果が出るという事は、動物に感情があるという事ではないかと。


又、薬剤師、
フィトセラピストの
西尾茂美さんの
最初はバッチフラワーを怪しいものと思いながら、
今はその奥深さを実感されて、
今月で一般の西洋医学の薬を
取り扱うのをやめて
漢方、アロマ、ハーブ、バッチフラワーのみの植物療法だけにすると決断された経緯のお話もとても良かったです。


最後に介護事業所の代表をされていて
これまで160名もの方々を自宅で看取って来られた達人、真謝清美さんのお話に、
これから高齢化を迎える日本には、
レメディがどれだけ力になるかを分かりやすく実際の例を挙げてのお話も印象的でした。


写真の薬類の中に歴然と並ぶレメディ。凄いと思いませんか?と。


そして、経験から
レメディを飲んでいくと精神性が高くなるのでは?という例を何人も看てらしたそうです。

このブログでは
殆ど、各々の講師の方のお話のさわりしか触れられませんが
これから自然療法に目を向けて行く流れが
始まろうとしてる中、
西洋医学中心の日本が
どれだけ変わっていけるか、
大事な節目の時代になっている事を
実感して帰って来ました。

又、来年も10月にシンポジウムが開催されます

どなたでも参加出来るので
興味のある方は是非足を運んでみて下さい。

一人でも多くバッチフラワーのことを知ってる日本人が増えると本当にイイなぁと思うのです。

タイミング・同時か1秒以内に!

20141011201412.jpg
躾で大切な事はタイミングです。

褒める時も 叱る時も
その意図が犬に伝わらなければ意味がなくなってしまいます。


その為に
犬がその行動をしてると同時に褒めましょう。
遅くても1秒以内の意識で
声かけ、又は撫でる。

褒める時も何を褒められたのか理解させる為に
タイミングは重要ポイントなのです。

簡単なようでも
人間の反応はかなり遅いのです...犬から見ると。

例えば、他のすれ違うワンコに
吠えてしまうコは、
自分のうちのコが
相手を見つけた瞬間に
止まって相手に背中むけて
スワレをさせて
自分にアイコンタクトさせます。
吠えてからでは事遅し...
犬の興奮レベルはすぐにあがります。

もちろん、
普段からのリーダーウォークは必須です。
飼主さんが先頭ですね。

決して 吠えるからと飼主さんが、
リードを強く引っ張らないようにして下さい。

飼主さんの緊張が伝わって
より攻撃的になる事も。

その行為イコール吠える事と結びつけたら条件反射のようになってしまいます。

褒める時も3秒後では
犬には伝わらなかったりすることも...

動物の動きと反応は
人間の数倍早いのを
常に意識してみましょう。

留守番棒(川口・出張 家庭犬トレーニング)

2014107102011.jpg
ワンコは人間のパターンを読むのが得意⁈というより、人間の方が気が付かないうちに、パターン化した生活や言葉をいつも使ってるから
先読みされてるというのが 本当のところかも知れませんが...

そう言えば我が家でも
「ちょっと○○行って来るから 留守番しててね」というお決まりのセリフで出る準備をしてます(笑)

そうするとうちのワンコ達は
ソワソワしだすのです。


なぜかと言えば、長く出る時は
普段はあげない ササミ巻きガムをあげて出るのを知ってるから!
私は"留守番棒"と呼んでますが(笑)
コングとかも退屈しのぎにいいですね。



帰って来てから
お留守番のご褒美にオヤツをあげる習慣をつけると
オヤツ欲しさに飛びついたり落ち着かないので、
行く前にあげて少しお腹を満足させて出た方が良いと思います。

帰宅した時にいい子に留守番出来た事を褒めましょう。


ワンコにとってただ一人の大事な友人である飼い主さんの帰りを今か今かと待ってる愛犬達。


お利口にしてた?の飼い主さんの笑顔が何よりのご褒美ですから。

注)
帰宅後ドアあけた途端にかまわない事。

ハーネスは引っ張る為のもの⁉︎(川口•出張家庭犬トレーニング)

2014930102234.jpg
ご近所のポメラニアンのブーちゃん。
未去勢の9歳の男の子です。
朝夕30分くらいお散歩するそう。

ママの言うことをきかないとか。
でもお座りはちゃんと出来ます。

お散歩を一緒にしてみると...
自分の行きたい方へ
グイグイ引っ張る引っ張る!


9歳なのに体力あります。


名前を呼んでも振り返らず
アイコンタクトも
全くありません。


それは何故かと言えば
自分中心に歩いてるので
飼い主を気にする必要がないからです。

引っ張るコの飼い主さんは、
苦しそうだからと
首輪じゃなくハーネスを付ける事が多いようです。
が、ハーネスは引っ張っても身体に負担がかからないようにする為のもので、
ソリ犬のような引っ張る仕事をする犬に向いています。

首輪にすると苦しそうだし、
引っ張った時に抜けたりして怖いと思ってる飼い主さんも多いかも。

なので、普段の散歩はリーダーウォークを徹底しましょう。
そうすれば、苦しくなることはまずありません。

首への負担は基本0でお散歩します。

最初は写真のように、
ハーネスと首輪と両方でもいいので、
首輪でコントロールして行きましょう。


引っ張ったら止まる。
引っ張ったら方向を変える等。


これを繰り返すと、
飼い主を見るようになります。

次はどうするの?って。

リーダーウォークは全ての基本なので
ブーちゃん 頑張りたいですね。

見えない柵(川口•出張家庭犬トレーニング)

201492822305.jpg
おうちの中で ワンコが入ってはいけない場所を作ることも
しつけの一環として効果があります。

よく仕切りの柵を使ってるおうちもありますが、
実物の柵がなくても

立ち入り禁止を教えれば
見えない柵があるのと同じに
境界を引く事が出来ます。


我が家はキッチンに入るのは禁止です。
うちは対面でスペースが別でわかりやすいせいか、すぐに覚えました。


ご飯時、いい匂いがすると
ワンコはすぐ近く迄やって来ますが、揚げ物をしたり、熱湯を使ったりする時に足元でウロウロされたら
危ないですよね。

なので、キッチンは許可なく入れないルールになってます。

例えば、キッチンだけではなく、畳の部屋は入ってはいけないルールにしてもいいと思います。
うちには畳の部屋がないのですが、息子の部屋も立ち入り禁止です。


これも、主従関係の確立に
とても有効です。


人間側が思ってる以上に犬は賢いので入って来ないものです。

ぜひ トライしてみて下さいね。

ツンデレの重要性(川口•出張個別トレーニング)

2014927113639.jpg
普段のしつけの一環として
日々ツンデレを心掛けましょう。

それは、かまってあげる時は
う〜んと遊んだり撫で撫でしたり デレデレに。
でも、ワンコは遊びが大好きなので際限なく楽しい事を追求します。
もっと遊んで〜って(笑)

"終わり"のコマンドで 終わらせたら その後の要求は無視しましょう。


そう、ツンは
どんなにワンコに誘われても
知らん顔して相手にしないタイムを作る事。


呉々も しつこくされても
徹底して下さいね(^^)

このツンデレのメリハリ
それをすることによって
自然とリーダーシップを取れるんです。


忙しい人は自然とやってる事が多いのかも知れませんが、
ずっとおうちにいたりすると
ワンコの事を気にし過ぎて
逐一注意が向き
構いすぎてしまう方もたまに...


ワンコの要求に常に答えてはいけません。
(主従関係が確立してれば
その限りではありませんが)

常に飼い主さんの意思で事を
進めましょう。
そうするとワンコはいつも
飼い主さんの一挙手一投足に注目しますよ。


ツンデレ効果すぐ出ます。


ページ上部へ