ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

サモエドの引っ張り癖(川口出張ドッグトレーニング)

201461718510.jpg今朝はサモエドの 1才のサリーちゃんのトレーニング。サモエドにしては小ぶりな綺麗な女の子。パピーの時に3ヶ月預かりの教室にだしたそう。訓練が入ってるので、私がリードを持つと飼い主さんの時みたいに引っ張らない。

犬は瞬時にハンドラーに合わせる賢い動物です。

でも飼い主のお父さんに変わると引っ張るものと習慣がついてるのか?どうしても前半身が前に行きがち。


今日は私が持って行った布製のチョークリードを使ってみました。スカルのすぐ下につけるとすぐにこちらのコントロールが伝わりました。
過去に訓練したことがわかります。


何とか着いて歩くのが半分くらい出来ましたが、他のワンコとすれ違うと必ず挨拶をしたがり引っ張ります。
それも指示して、相手が小さいワンコの時はしないように出来ると思います。

トレーナーが出来ても飼い主さんが出来なくては意味がありません。
リードを持った人に従う事を覚えてもらいましょう。


中大型犬はちからがあるので引っ張りは危険。
必ず飼い主さんの指示に従う訓練が必要です。
これからも頑張ってねサリーちゃん!

ジュニアトレーニング(川口出張ドッグトレーニング)

201461613453.jpg今日は1才のプードルの女の子カカオちゃんのジュニアトレーニング。


カカオちゃんは知り合いのブリーダーさんから娘さん経由で譲り受けたコで、ヒートがなくて繁殖に不向きだったそうです。

ブリーダーさんのところで沢山の犬と一緒にいたので1対1の関わりをされないで過ごした経緯があるので1からトレーニングです。


散歩も行ったことが無く、社会化もまだ満足に出来てませんが、これから一歩づつですね。


今日はホールドスチールとマズルコントロール他を練習。

落ち着きがなくアイコンタクトもまだまだですが順々にやっていきましょう。


蚊のシーズンですね(川口出張ドッグトレーニング)

201461423547.jpg
毎年 6月になると蚊が出始めます。
ここ川口の安行は木々が多くて5月の下旬からもう出没してます。昼間は暑くて散歩出来ないので早朝か夕方の遅い時間に行くようになります。蚊に刺されることは必至です。
このへんはヤブ蚊が多くて首輪につける虫除けぐらいではへこたれないで寄ってきます。


人間用の虫除けスプレーもドラッグストアで売ってますが、あの殆どにはディートという薬品が入っています。ディートとはその昔、マラリア蚊から兵士を守る為に米軍が開発した物で大変強い科学薬品だそうですが、2000年代になって強い有害性が指摘され始め、大量に体内に入ったり他の薬品と混ざり合うと神経障害を起こす可能性もあると実験で確認されてるそうです。
ワンコにフィラリアのお薬を飲ませるのはもちろんですが、蚊に刺されて痒い思いもさせたくないですね。

そんな時には
人にも動物にも優しいアロマオイルやハッカ油を使った自家製虫除けスプレーを作り お散歩の時に軽く一振りかけて行くと良いと思います。
嗅覚の鋭いワンコは苦手なようですが、安心して使えます。


次回はアロマオイルを使った虫除けスプレーの作り方をお伝えします。


成犬トレーニング(川口出張ドッグトレーニング)

201468221543.jpg
今朝はハウル君のトレーニングでした。マナーベルト着け外しを嫌がり唸って怒ります。
短いリードとトリーツを使いながら飼い主さんに練習してもらいました。

まだまだ主従関係が確立されてないので、叱り方のタイミングや声のトーンなどに気をつけてもらい、絶対に飼い主側な指示に従わせる気持ちを持ってやってもらうように、そして最後は簡単な指示を出して褒めて終われるように練習です。

掃除機をかけ終わると吠えるとの事だったのでやってもらいましたが、私がいたからか?全然問題ありませんでした。いつもと違ったそうです。

飼い主さん側のハッキリとした態度と、指示には従わせる習慣を付けるために毎日マナーベルトの着け外しの練習をやってもらう事にしました。

こちらが恐々やってると犬はすぐに察してしまいます。毅然とした態度でいけないことはきちんと伝えましょう。

オシッコもウンチもちゃんとシーツに行って出来ていたので もうちょっとですね。
あとは主従関係の確立を日々していくことが最重要です。


簡易クール首巻き(川口 出張ドッグトレーニング)

201461161717.jpg
6月になったばかりなのに この暑さ!
ワン達も床でゴロゴロ バテてる事でしょう。
今日は簡単リーズナブルなクール首巻きの作り方をひとつ。

どこの家庭にもある、余った湿布を使います。

湿布を水に入れてブヨブヨにします。


たっぷり水を吸った湿布のジェル状のほうを外側にして巻き、ハンカチを三角に二つ折りにした物にクルクル巻いて、ハンカチも丸ごと濡らし、冷凍庫に一晩入れておいた物をクール首巻きにして お散歩に行く時に巻けば、
暑さも少し和らぎます。

大きいワンコは湿布を二,三コ使って
バンダナに巻けば首周り一周ヒンヤリです。

不用品活用にもお勧めです。
是非ひとつ作ってみて下さいね!

水を沢山飲ませるアイデア(川口 出張ドッグトレーニング)

201452995944.jpg
うちでは、マグロの血合いを焼いたり 鶏胸肉やレバーを茹でた物を天日干しして手作りオヤツを作ります。
その茹で汁は捨てないで取っておき、食欲のない時にご飯に掛けたり重宝します。


これからのシーズンにお勧めなのは、水を入れた小パックに1/6くらいその茹で汁を入れて冷凍保存。
散歩に行く時に持って行くと出先で程よく解けて水分補給とクールダウンにもってこい。


結構、飼い主さんが心配するのに水を飲まないワンコも多いもの。

体調に寄って 水を飲ませたい時もありますね。その時は飲み水に茹で汁を足してあげると沢山飲んでくれます。

是非 お試しあれ!

何歳になっても...(川口 出張ドッグトレーニング)

2014527144449.jpg
うちではほぼパーフェクトにシートでトイレが出来てるワンコ達ですが、ちゃんとシートでしてる時を見たらたとえ10歳を越えてても毎回褒めてあげましょう。

たとえ失敗したとしとも、失敗を叱るより
成功を褒めた方が陽性強化に繋がり 次の成功を導く因となります。

いい事をした時に褒められると動物の報酬系の脳に強く刻まれます。


成功して当たり前とついつい思ってしまいがちな飼い主側ですが、シートでしてる時をみかけたらニコニコしながら高めのトーンでで大げさなくらいに "いいコね"と
褒め続ける事を忘れないようにしていく事が大事です。

やっていなかった方は、今日から是非始めてみて下さいね。


成犬トレーニング(川口 出張ドッグトレーニング)

201452518817.jpg
朝土手で一緒に遊んだハウル君。帰りにトレーニングに伺いました。飼い主さんが普通サイズのケージを購入。ちょっと小さいかも...と。

今日は玄関での出入りの様子とケージから出る時の指示等を確認しました。
ハウル君はもう9歳なので、こちらの意図をすぐに理解します。
ケージから勝手に出ないようにと少し伝えただけで、出ちゃいけないんだ と、中々出て来ませんでした。
玄関の出入りも 人が先、ワンコは後から。
お座りして待ってから と、ちゃんと出来ます。

私も良く知ってるハウル君。特に問題は無い気がします。

後はマーキングの問題と掃除機終了時に掃除機を攻撃する事くらいでしょうか?

マーキングは見ている前ではやらないとの事なので、目撃した時に対処してもらう方法を伝えました。


次回は掃除機を実際にかけてもらいましょう。

パピートレーニング (川口 出張ドッグトレーニング)

2014516153631.jpg
昨年、パピートレーニングに1ヶ月間入ってた
プードルと柴のミックス犬のミック。

久しぶりに舎人公園で一緒にお散歩しました。


大きくなっててビックリ!


毛質も仔犬の時とは違い より柴の血が濃くなってるみたいでモコモコでビッシリと生えてて暑そうでした。


お兄ちゃんのプードル フランより元気の塊。


ペットショップで飼い主さんが見初めて ご購入時もご一緒しました。

元気玉のような男の子でした。
フランは圧倒されてましたが、飼い主さんがしっかり先住犬のフランを優先させていたので
今もちゃんと兄弟の序列は崩れていません。

パピーの可愛いうちに しっかりトレーニングに入ったのがとても良かったと思います。


問題が起きてからトレーニングをするよりも
パピートレーニングをしておくとスムーズに事が運びます。

小さいワンコでもパピーのうちが大事なんです。逆に小さい時に可愛い可愛いで甘やかしてしまうとジュニアや成犬になってから色々なトラブルが起きて来るかも知れません。

基本は小さいうちにしっかり身につける。
人間の子供と一緒ですね。


甘噛み•引っ張りのジュニアトレーニング (川口出張ドッグトレーニング)

2014516144158.jpg
1月にジュニアトレーニングを3回くらい入ったミーちゃん。いたずら好きテンションが高く甘噛みも遊びの延長。一瞬もじっとしていられない男の子です。

でも頭がいいので少し教えると改善が早く、1度目のトレーニングの後にはトリマーさんがトレーニングしたんですか?と気が付き

2度目終わった後には獣医さんも変化に気が付きトレーニングしました?と聞かれたそうです。


飼い主さんも意識が高いのでやり方を覚えたら日々実行していたそうです。

ワンコは毎日の関わりをやめてしまうと元に戻ってしまうことも多々あるので根気よく続けることがポイントですよ〜


久しぶりに今度はピンポン吠えのトレーニングに行く予定です。

ページ上部へ