ホーム>スタッフブログ>穏ブログ>思春期の社会化(川口市 家庭犬のしつけ 出張トレーニング)
穏ブログ

思春期の社会化(川口市 家庭犬のしつけ 出張トレーニング)

2016121151227.jpeg
パピー時代に
しっかり社会化が出来てるはずの
我が家のボーダー♀ ミラも
1歳の誕生日を過ぎた辺りから
ボーダー気質が出て来て、
散歩中に会う初対面のワンコに吠えたり唸ったりするようになって来た。
うちは殆どドッグランには入れた事もなく成長したので
他犬に襲われた経験もしていない。

なのにあれだけフレンドリーだったパピー時代を過ぎて
ジュニア期になってきたら
徐々に人にも犬にも警戒心が芽生えて来たようで、
その様子は益々過敏になってるように見受けられる。
心あたりのある出来事はないので
知能の発達と本来持ってる個体の性格だとしか思えない。
なので、もっと沢山の人や他犬に会わせていかないと経験不足から来る[怯え]が改善されないと思ってる。

知らない他犬が沢山いるところ言えばボーダーのオフ会等だ。
後は人が沢山いて犬OKの場所とか。
都会に出るのが苦手な飼い主の私、
どこにでも連れ出して行かないと!
と反省しきりの今日この頃なのでした。

写真はいつも遊ぶグランドで会った
ボクサーとボストンテリアのミックス 7歳のSちゃん♀
とてもフレンドリーな安定した成犬で、遊ぼう!とミラに寄って来るもミラが威嚇顔しきり。
3度目もダメだったけど、
会うこと4度目にして突然打ち解けて、ワンプロや追いかけっこをするようになって 諦めないで良かった!と言う体験をした。

Sちゃんの飼い主さんも落ち着いた方で穏やかに様子を見守ってくれたたのが功を奏したのですね。

1度や2度で諦めないで
時間を掛けてあげる必要があると
教えてくれた体験でした。
人だって1度で打ち解けるとは限りません。
犬だって同じなんですよねきっと。

飼い主側が
どうもあのコとは合わないんだ!
などと思い込まないで
見守る姿勢が大事です。


[ 近隣の草加市 浦和市 越谷市 足立区 北区等]
随時 出張トレーニング承っております。
その他の地域でもお気軽にご相談 お問い合わせ下さい ]

ページ上部へ