ホーム>スタッフブログ>穏ブログ>出会いと別れの2015年 (川口市 家庭犬のしつけ 出張トレーニング)
穏ブログ

出会いと別れの2015年 (川口市 家庭犬のしつけ 出張トレーニング)

2015123113540.jpeg
今年2015年も残りわずかとなりました。

拙いこのブログを
読んで下さっている皆様
一年間本当に
ありがとうございました。


今年は我が家にとっても
忘れられない年になりました。


それは 縁あって
ずっと憧れてた
ボーダーコリーをパピーで譲り受け2月3日に
我が家に迎えることになった事と

愛してやまないMダックス♀の
「あんず」が6月に他界してしまったという悲しい出来事が起きた年だからです。


あんずが膀胱癌年診断されたのは
2014年4月9日でした。
まだ7歳という若さでした。

膀胱癌は抗がん剤が効かない
悪性の転移増殖の早い癌で
人間用のサプリメントやヒーリングと
枇杷葉温灸等をやりながら
それでも今年の4月迄はなんの症状もなく
元気に過ごしていました。
が、リンパ節に転移した癌が
脊髄を介して股関節他に広がり
5月くらいから左後ろ足を引きずるようになり、
段々と動けなくなりました。

それでも心配だった
尿道閉塞は起こす事なく

最後の日もご飯を食べて
オシッコもちゃんと出て
私が添い寝してる時、
眠るように静かに
息を引き取りました。

よく頑張ったね!と
褒めてあげたいほど
穏やかな死でした。
6月8日 享年8歳11ヶ月。

夫も私もペットロスに苦しみ...
残されたMダックス♂の「チョコ」すらも
全く元気が無くなり、
家族同然のパートナードッグを
亡くす悲しみを味わう事になりました。

まるで自分の子供を亡くしたのと
同じ思いだったと思います。

元気なパピボー 「ミラ」の存在に
忙しく動き回りながらも
やはり立ち直るには
バッチフラワーレメディの力を
借りる事になりました。


いくらレメディを飲んだとはいえ
今でも写真をみると涙が流れる事も
しばしばあります。

愛別離苦の悲しみ。


でも、前を向いて顔を上げて
今居るコ達に 全力を注ぐ事で
あんずの魂の浄化に繋がるとの
思いで半年の時間が流れました。


ミラもすくすくと成長し
今ではディスク大好きドッグに
なりました。

チョコは
あんずが乗り移ったのかと思う程
動きが緩慢になり
静かな中年犬になりました。

そして、今年知り合った
たくさんの新しいワンズのお友達。
実りも多い一年でした。

来年もうちのワンズ共々に
よろしくお願い致します。


決して忘れない2015年

その今年も
後少しで 過ぎ行く時間へと
流れて行ってしまいます。


逝ってしまったけど...
あんず
たくさんの愛と思い出を
ありがとう!

[ 近隣の草加市 浦和市 越谷市 足立区 北区等
随時 出張トレーニング承っております。
その他の地域でもお気軽にご相談 お問い合わせ下さい ]


ページ上部へ